サンドブラストのトップページへ


サンドブラスト噴射の具合です、テストに使用した装置は「SB-005」にてノズル穴径2.3o、又は「SB-007」にてノズル穴径4mmのいずれかです。
どちらの装置も吸上循環式です。


 真ちゅう製ジッポーライター

 フタ部分をガラスビーズ#80でドライブ
 ラストしました。
 ガラスがコーティングされてとても良い
 感じです。
 個人的にはこのままの光沢が好きで
 す。
 ピカールで磨くのも楽です。

 下側本体は手入れ無しの酸化した状
 態です。
 

 ガラスビーズ#80でドライブラスト処
 理した拡大写真です。
 平均化されて綺麗です。










 酸化した本体素材表面の拡大です
 写真では判りにくいですがとても綺
 麗なすべすべした表面です。
 
 新品時は磨かれた綺麗な状態でし
 た。









 ホワイトアルミナ#500でテストする為に
 マスキングです。

 ホワイトアルミナ#500でドライブラストした
 状態です。

 ホワイトアルミナ#500でドライブラス
 トした拡大写真です
 さすがに#500になると細かいので
 滑らかです。
 但し研磨剤硬度が高く、比重も重く
 研磨剤が球状では無い為に表面は
 白っぽくなります。
 下地的には綺麗ですのでメッキは
 このまま出来るそうです。


 エコブラストEB-60でテストする為に
 マスキングです。
 イタズラでドライブラストです。

 左記の結果です。
 あまり役にたちませんでした。
 ウェットですればとても綺麗になるはず
 です。
 ガラスビーズ#80で処理した箇所は
 数日経過しても変化無しで綺麗です。
 
 ホワイトアルミナ#120で処理した箇
 所は数時間で酸化が始まりました。
 
 
 内部は全てガラスビーズ#80で処理
 しました。